村瀬カウンセリングルーム:人生のなかでの出会いとしてのカウンセリング

カウンセラーの自己紹介

カウンセラーの自己紹介

カウンセラー
村瀬 旻 (むらせ あきら)


オウスケ似顔絵


〇 1940年、東京都八王子市生れ。
〇 慶應義塾大学文学部(心理学専攻)卒業。 大学院修了。
〇 慶應義塾大学教授として、2006年3月まで、慶應大学日吉キャンパスで、「心理学」 、「人間関係論」を担当し、学生相談室カウンセラーを務めた。
〇 2006年4月~ 慶應義塾大学名誉教授
〇 2006年4月~2011年3月 立正大学心理学部臨床心理学科教授、心理臨床センター指導相談員(カウンセラー)、2011年4月~2016年3月 心理臨床センター非常勤相談員(カウンセラー)
〇 臨床心理士(第0251号)、日本カウンセリング学会認定カウンセラー(第91号)/同スーパーバイザー(第SV-0114号)、ITAA(国際交流分析協会)認定TAアナリスト
〇 2002年4月~2013年9月 朝日カルチャーセンター(東京および横浜)で、杉溪一言先生が主宰する「カウンセリング講座」を講師として担当。ピアカウンセリング(私たちの・私たちによる・私たちのためのカウンセリング)の普及を目指した。


私は、慶應義塾大学で39年間、立正大学で5年間、教育・研究・臨床活動にあたりました。そこで得たものを、「村瀬カウンセリングルーム」でのカウンセリング活動をとおして社会にお返ししたいと考えています。
また私は、朝日カルチャーセンターでの講師を務めるなかで杉溪一言先生から教えられた「ピアカウンセリング」の私なりの実践の場として、「村瀬カウンセリングルーム」を考えています。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional